FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

(o;TωT)o" ビクッ!

深夜、帰って来てからなんとなく眠れず朝を迎える。
そんな私の隣で、夜遊び児のコロ助も眠らず遊んでいる。

朝の4時30に散歩決行(-_-;)

たまには、こんな時間に散歩もいいもんだ。と年寄り気分なアタシ。

こんな朝に、遠い所から私とコロ助を見つめる一人の青年がいた。



ヤバイ…

危険危険…


この青年、近所でも評判な、やや変質者っぽい…感じ。
近所の女の子を持つ母親は、この青年に神経をピリピリさせているよう。

私と言えば、自分とは無関係状態。
気分はオバちゃんですから( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

何を危険と感じたかと言えば、可愛い我が息子の身の危険。


こんな変態に、コロ助を触らせてなるものかっ!!


ってな勢いで…


青年から逃げまくるアタシ(-_-;)←立ち向かわないとこがポイント

その青年、私の家に帰る道で待ち伏せ。
どぉしても、その道を通らなくちゃ家に帰れない( p_q)

仕方ないので、コロ助を抱いてイッキに青年の前を横切った。

「可愛いねぇ~。マルチーズ?」
ほうほう、マルチーズと分かるとはやりますな。


「お姉さん、可愛いねぇ~」




ぇ?



私も危険の領域に入ってたんかいっ!!

猛ダッシュしたのは、言うまでもない(´ー`)┌フッ


変質者に可愛いと言われ、まんざらでもなかったアタシって…(T-T)

        zi-2.jpg

スポンサーサイト



| (゚Д゚ )ゴルァ!! | 23:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT